LINE TEL

頚椎捻挫 | 腰痛・肩こり・頭痛の根本改善 | あきる野市のスリジエ整骨院

頚椎捻挫

頚椎捻挫でお困りならあきる野市のスリジエ整骨院まで

こんな症状があればスリジエ整骨院まで

交通事故や激しいスポーツの衝撃により、頚椎捻挫になることがあります。以下のような症状が気になるなら、ぜひあきる野市のスリジエ整骨までご相談ください。

・吐き気がする
・長期間に渡って頚椎が痛い
・肩こりや頭痛がひどい
・めまいがする
・手がしびれる
・病院へ行っても脱臼や骨折は認められない

交通事故の後遺症として多いむちうち症ですが、むちうち症のほとんどが頚椎捻挫です。
病院のレントゲン検査でも骨折や脱臼はなく、異状がみられない場合も多いです。

まれな症状では眼精疲労や集中力減退、涙やつばが出るといった、自律神経症状が起こることもあります。あきる野市のスリジエ整骨院では自律神経の調整もおこなっています。このようなまれな症状が出ている時も、ぜひご相談ください。

平日なら20時まで診療しています。交通事故で緊急の時は、24時間相談ダイヤルを受け付けています。電話に出られなかった場合はすぐ折り返します。

頚椎捻挫になる原因

反射的に頸椎に対するダメージを避ける防御のため、筋肉が緊張すると衝撃の大きさによって、筋肉の部分断裂、靭帯損傷が発生します。交通事故やスポーツの時に多いでしょう。

頚椎捻挫になると首やその周辺に痛みが出て不快になりますが、いかに安静に過ごしていたかでも経過は変わってきます。頚椎捻挫で必要なのは、まず安静にすることです。頚椎捻挫になってもスポーツをやめない場合、長期間不快感が続くことがあります。

また、骨折や脱臼がないにも関わらず頸椎のカラー装着をしてしまうと、肩こりや頸部の痛みが長く続くためおすすめできません。

受傷直後はマッサージを控えましょう

頚椎捻挫になったらマッサージはいいかと思ってしまいがちですが、受傷直後の場合は避けましょう。頚椎捻挫直後にとる対処としては、

・安静にすること
・冷やすこと

がおすすめです。

冷やす時は湿布を使うのもいいですが、間違って温かい湿布を貼らないように気をつけましょう。受傷直後はまだ炎症して熱を持った状態です。熱をとるためにも冷えた湿布の方がいいのです。

温めてしまうと余計炎症してしまう可能性があります。痛み止めを飲むと痛みは和らぐかもしれませんが、一時的に痛みを抑えているだけで、治癒を促進しているわけではありません。

スリジエ整骨院では、薬を使わずに頚椎捻挫を改善していきます。自然治癒力を助けながら改善を促します。頚椎捻挫は、患部を無理に動かそうとせず安静にしていれば、1カ月以上症状が続くことはほとんどないでしょう。3か月以上続くこともほぼありません。

頚椎捻挫を予防する方法は?

ストレッチや体操をしましょう。もうすでに頚椎捻挫になっている場合、特に骨折や脱臼をしていなければ、まず2~4週間程度安静にして様子をみましょう。

メディア掲載実績